てんちむ、1年でAからDにバストアップ「貧乳の皆さんへ朗報」 秘訣を明かす

【モデルプレス】モデルで女優のてんちむが、1年間でバストがAカップからDカップになったことを明かし、その秘訣を伝授した。

【さらに写真を見る】大きな反響を呼んだてんちむのフルヌード

てんちむは16日、Twitterで「貧乳の皆さんへ朗報」と切り出し「Aカップ貫いてきた私ですが煮干し梅干し食べながら牛乳飲んでたら一年間くらいでDカップになりました」と驚きのバストアップを報告。Dカップの下着をつけてみたところ「カスカスじゃない」と歓喜し「騙されたと思ってやってみて下さい」と呼びかけた。

また「正直唐揚げやらキャベツやら鶏肉やら一通り巨乳になりますとか言われてきたもの食べてても巨乳にならなかったし、牛乳なんて幼稚園から中学まで飲んでたのに貧乳だったから信用しなかった」と試行錯誤の日々を振り返り「マッサージと補正下着と煮干し梅干し+牛乳のパワーは強い」と効果を実感。ファンから質問が殺到したことを受け「梅干し煮干しは好きだったので家にいるときは結構無意識に食べてました!!」「そのまま食べて牛乳で飲み込んだり、つまみつつ飲み物が牛乳って感じです!」と具体的な取り入れ方も紹介している。

てんちむは昨年5月公開の映画「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」で初のフルヌードを披露し大きな話題となった。(modelpress編集部)

・・・なるほどですね。。。

おっぱい専門家「揉めば大きくなる?」説の真偽について説明

おっぱいにまつわる疑問や勘違いを抱くひとは意外と多い。そこで、バストを中心とした施術に定評があることから“おっぱい番長”の異名を持つ「気・Reika」主宰の朝井麗華さんに、おっぱいは揉めば大きくなるってホント? と聞いてみた。

 * * *
 思春期によく聞いた話ですね(笑い)。とはいえ、笑い飛ばせるほど、信憑性のないものではありません。

 要は揉み方です。バストをつるクーパー靭帯を伸ばすほど、激しくゆするのは言語道断ですが、強めのマッサージが○。表面の脂肪だけを、やさしく揉んでも意味がありません。

 バストがのっている筋肉ごとしっかりつかんで揉むくらいの強さが必要です。イタ気持ちいいくらいがいいですが、適度な揉み方を把握したパートナーを見つけるのは大変そう(笑い)。やはり自分で乳トレに励むほうが手っ取り早いかもしれませんね。

※女性セブン2015年2月5日号


「女子の胸」に関して男性が知らないこと

谷間はそうそうできません! 「男性は女子の胸のことをわかっていないなぁ」と思うことって?

●第1位/「ブラをしていなければ谷間はそうそうできない」……30.4%
○第2位/「女子だって胸に毛は生える」……30.0%
●第2位/「揉んだくらいじゃそんなに大きくならない」……30.0%
○第4位/「感じていなくても乳首は立つ」……26.3%
●第5位/「天然の胸は寝っころがるとものすごくサイズダウンする」……25.1%
○第6位/「女子同士でも、お互いの胸を見せ合うことはほとんどない」……16.5%
●第7位/「胸が大きい女子も胸コンプレックスがある」……15.6%
○第8位/「胸の大きさとエロ度に関連はない」……15.2%
●第9位/「胸はそんなに感じない」……14.8%
○第10位/「彼氏以外の人に胸をほめられても全然うれしくない」……14.4%
●第10位/「胸が小さいほうがブラはかわいい」……14.4%
※複数回答式・第12位以下は略。

第1位は30.4%で「ブラをしていなければ谷間はそうそうできない」でした! なにもしないで胸の谷間がある女子は、なかなかいないもの。グラマーな胸でも、ブラなしでくっきり谷間にはならない場合も多いのですが……。勘違いしている男性が多いみたい。

第2位は30.0%で「女子だって胸に毛は生える」と「揉んだくらいじゃそんなに大きくならない」が同時ランクイン! 男性に比べ女子は体毛が薄いですが、生えていないわけではありません。胸にだって、産毛があるんですよね。また「胸は揉めば大きくなる」と思っている男性も少なくないよう。女子の胸はほとんどが脂肪。成人してから劇的にサイズアップすることはあまりありません。マッサージで筋肉や女性ホルモンが刺激され、若干大きくなることはあるかもしれませんが、男性が思うほど効果がないのが現実なんです……。

胸についての勘違いあるある。見ていると「私の彼氏も勘違いしてる!」なんて思うものあるのでは? もしあなたの恋人が間違ったバストについての知識を信じているようなら、このコラムを彼にシェアしてみてはいかが?(編集部/渡辺)

バストアップの秘訣

バストが小さくて悩んでいる女性多いですよね。

バストは女性の象徴ですし、やはり大きい方が魅力的に感じます。

「大きくしたいけどなかなか上手くいかない…」

そんな女性の悩みを解決するために今回はバストアップ成功の秘訣をご紹介します。


●すぐに諦めない!

バストアップ成功の秘訣、それは「諦めないこと」です。

体操やマッサージ、サプリメント、などバストアップの方法はたくさんありますが、そのほとんどがすぐに効果があらわれるものではありません。

継続していくことでだんだんとバストが大きくなってくるのです。
なので数週間で「効果がないから」と諦めてしまうのはすごく勿体無いです。

半年間は頑張って続けてみてください。


●グラフをつける!

ただバストアップを淡々と行うのではなく、バストのサイズを毎日測ってグラフをつけてみましょう。

そうすることで現状をしっかりと把握することができますし、ちゃんと効果があらわれているかどうかも一目でわかります。

「グラフつけるなんて面倒くさいなぁ」 という方はパソコンのソフトを使ってグラフをつけることをオススメします。

例えばエクセルなら数値を入力するだけでパッと簡単にグラフができちゃいますよ。

バストアップに焦りは禁物です。
焦ることでストレスを感じ、思うようにバストアップを行うことができなくなってしまいます。

バストアップは長期戦だということを始める前にしっかりと理解して落ち着いてバストアップをしていきましょう。

バストアップならこのサイトがおすすめですよ。 バストアップと口コミの本当と嘘

寝るときにブラつける女子の心理

寝る時にブラをつける理由→日本人「安心感」イタリア人「魅力的に見せるため」 と調査結果のシェアです! 

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社では、2008年にトリンプ・インターナショナルで実施した18歳以上の国内外の女性1000人を対象にしたグローバル調査にて、女性たちの下着に対する意識調査の結果を主に日欧比較して発表した。調査期間は2008年7月9日〜8月20日。

ブラジャーのカップサイズは、日本・フランス・ドイツ・イタリアともにBカップが一番多く、大差はなかった。 一方で、ブラジャーのアンダーサイズを比較すると、日本で最も多いのは75cm。フランス、ドイツ、イタリアはいずれも40〜50%近くが85cmと回答。アンダーサイズはヨーロッパ各国の方が10cm以上大きいことがわかった。

続いて、自分のバストのサイズや形への満足度は、日本は過半数が「不満」と答え、フランス、ドイツ、イタリアは7割前後が「満足」と回答。日本女性に対して、ヨーロッパの女性たちの満足度は高かった。

また、1人あたりのブラジャーの所有枚数は、日本が5〜6枚、フランス、ドイツ、イタリアはいずれも9〜10枚という回答が最も多く、平均でも、日本は8.6枚、フランス、ドイツ、イタリアがはいずれも10枚前後で、日本女性の平均所有枚数は、ヨーロッパの女性より2枚ほど少ない。

さらに、日常生活での下着に対する意識について聞いたところ、日本とイタリアが4人に1人は寝る時にブラジャーを着用すると答えたが、理由を聞いてみると、日本は「安心感」、イタリアは「魅力的に見せるため」 と、それぞれ目的が異なることがわかった。

また、朝起きてブラジャーを選ぶ時の基準を聞いたところ、日本では62%が「手に届いたものをあまり意識せずに着用」しているのに対し、フランス、ドイツ、イタリアでは、76%の人が「その日の服装にあったものを意識して選ぶ」と回答している。